スキー場から一番近い宿

入畑シャトル予約運行中

8月1日〜12月1日

オペレーション劇場

10月1日〜12月1日

温泉外観

3月16日ディナーバイキング

8月1日〜12月1日

シニャックからマチスまで

10月1日〜12月1日

「温泉の由来」

瀬目の湯の「瀬目」は「攻め」だった

歴代天皇120代、今上天皇の頃、今より850年前に平家の落人が和賀町岩崎新田入畑の奥地に集落した跡地がある。

当館、川向いの瀬目渓谷が昔、前九年の役に於ける安部一族と源善家軍の激しい攻防戦の跡地という伝承もある。この所で攻めて「一の攻め」と名付けられた攻めの難所であった。

この瀬目渓谷が今後の景勝地として開発されるであろう場所に天然温泉が湧出しているのを平家の一族により発見され、その後江戸時代より昭和初期迄「瀬目乃湯」として開業していた場所である。

泉温40度、湧出量毎分1000リットル自噴している湯を利用し、5代にわたり経営が継続されたが、夏期だけの営業のため経営難にて廃業その後、平成9年に入畑温泉瀬目乃湯として、当時と同じ湯を利用し営業を再開。

会員になって限定オファーへアクセス。

会員の方は、限定展示やセールにアクセスできます。会員になるには年間1万円の費用がかかり、請求は年に1回です。